ダイエットにはノンオイルドレッシングよりもマヨネーズ!?

マヨネーズ好きのダイエッターに朗報!サラダを食べるときはノンオイルドレッシングよりもマヨネーズの方がいいんですって♪

スポンサーリンク

マヨネーズとノンオイルドレッシングどちらがダイエット向き?

ダイエット中にサラダを食べるなら断然ノンオイルのドレッシングがいいに決まってると思っていませんか?オイルの入っているマヨネーズはダイエットの敵と思われがちですが、実はそうではありません。

ダイエットには野菜をたくさん食べようとしますが、野菜だけでなくたんぱく質や油脂類もバランスよく摂取するのがポイントです。なので、ノンオイルドレッシングでは、たんぱく質が不足してしまいます。

一方、卵の入っているマヨネーズはたんぱく質が入っているため、代謝を上げることができます。また、マヨネーズはGI値が低い食品なのでインシュリンの分泌を抑えることも可能です。インシュリンの分泌を抑える事で体の仕組み上、脂肪の分解を速やかに進めることができるんですね。

ダイエット中の人は油を敬遠しがちです。しかし、美容にかかせない女性ホルモンを作っているのは油です。

女性ホルモンが低下すると婦人科系のトラブルを招くことにもなりかねません。そのためには油も適度に摂取する必要があります。特に冷え性の人は油を摂るようにしましょう。

マヨネーズを手作りする場合は、サラダ油ではなく、エゴマ油や亜麻仁油、インカインチオイルなどのオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)を含むオイルがベストです。良質な油は余分な体脂肪を落としてくれます。

スポンサーリンク

マカロニサラダとポテトサラダどちらがダイエット向き?

代謝を上げるためにはサラダを主食にプラスするのは理想的です。しかし、サラダといっても種類が豊富です。

では、同じマヨネーズを使ったマカロニサラダとポテトサラダでは、どちらがダイエット向きでしょうか?

マカロニもじゃがいももどちらも炭水化物なので、サラダを選ぶさいにはあまりいい選択とはいえませんが、あえてどちらかにするのならば、ポテトサラダです。

小麦で作られているマカロニは身体を冷やし代謝を下げてしまいますが、一方のじゃがいもは根野菜なので身体を温めます。特に女性は身体を冷やす食べ物は避けるべきです。

野菜を食べるときは色の濃い緑黄野菜(ブロッコリーや人参など)を食べるようにしましょう。

オリーブオイルとサラダ油どっちがカロリーが低い?

オリーブオイルは抗酸化作用の高いポリフェノールやビタミンが豊富です。悪玉コレステロールを減らすオレイン酸も含まれています。一方、サラダオイルは精製された食用油で、大豆やコーン油などから作られています。

並べてみるとヘルシーに感じるオリーブオイルですが、実は植物油のカロリーは、どれもでも一緒なのです。どのオイルであれ、100gにつき900カロリーです。

ということは、どの油でもいいのかというとそうではありません。油は身体を維持するのに欠かせない栄養素ですが、良質なものを選ぶことが大切です。

まとめ

ダイエットのするために、「油を摂らないようにする」、「カロリーの低いものを食べるようにする」という考え方は改めなくてはなりません。身体の代謝を上げるためには良質な油の摂取が必要です。

カロリーを抑えるだけではダイエットはできません。身体を冷やさないようにすることも心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク