「なんじゃこら大福」宮崎県のお土産なら絶対おすすめの和菓子

甘党なら一度は食べてみたい宮崎県の「なんじゃこら大福」。

通常の2倍はある大きさの大福の中にいちご、栗、クリームチーズが入った贅沢な和菓子。

名前の通り「なんじゃこら」な驚きの一品です。

スポンサーリンク

宮崎土産のおすすめ和菓子「なんじゃこら大福」

「なんじゃこら大福」は和菓子や洋菓子を販売している『お菓子の日高』の人気NO.1商品で、発売してから30年になります。

宮崎県民なら知らない人はいないほど有名な大福です。

大福の中にいちご、栗、クリームチーズが入っていて、一度に3種類の味が楽しめます。

『お菓子の日高』では、「なんじゃこら大福」の他に「なんじゃこらシュー」という、いちごと栗、クリームチーズにカスタード、小倉生クリームが入っている、なんとも豪華な洋菓子も人気があります。

 

それでは、早速開けてみます。

ごっつい感じの「なんじゃこら大福」の箱です。

持つとずっしりと重いです。

箱を開けるとドーンと入っています。

写真では、大きさが分かりにくいので、はかってみました。

はかる場所にもよりますが、だいたい直径6cmくらいあります。

次は、ここからが「なんじゃこら大福」の醍醐味。

スポンサーリンク

半分にカットします。

うまく切れました!

実は超緊張しました。

「きれいな断面にならなかったら、どうしよう2個しかないし・・・」

という思いが大福に届いたかは分かりませんが、見事な断面になりました。

因みに2個目は完全に失敗し、いちごと栗が別々に・・・(泣)

必ずうまくいくとは限らないようです。

(でも、もし失敗したら一度くっつけてから、もう一度切ると、まあ、なんとかなりますw)

いざ、食べるときは再び緊張しました。

まず、包丁についた餡子とチーズを先に口に入れた瞬間、「おっ~~~!」という期待値マックスになってしまいました。

ここからはいちご、栗、チーズの部分を一気に食べて、気づけば大福のまわりについていた片栗粉がテーブルや、そこら辺じゅうに散乱しているというすさまじさ。

どんだけ、がっついていたんでしょうね。

こんなに大きくても、ぺろっと食べちゃいました。

もう一個食べられそうだけど(笑)

「なんじゃこら大福」が30年も愛されているのがわかりました~

宮崎県の関連記事はこちらにもあります。
「もちピザシート」で簡単餅ピザ!宮崎発のアイデア料理

「なんじゃこら大福」店舗

「なんじゃこら大福」を買えるところは宮崎市内に7店舗あります。

本店 宮崎県宮崎市橘通西2丁目7-25
浮ノ城店 宮崎市浮ノ城町14-4
赤江店 宮崎市恒久992-1
JR宮崎駅店 宮崎市錦町107-4 JRフレスタ内
工場直売店 宮崎市日ノ出町161-1
清武店 宮崎市清武町正手3丁目20
大坪店 宮崎市大坪東3丁目19-4

オンラインストアで購入も可能です。

お菓子の日高

「なんじゃこら大福」賞味期限

賞味期限は製造日より4日間。

すぐに食べないときはラップに包んで冷凍保存をしておくといいです。

食べるときは自然解凍してから食べます。

まとめ

宮崎県民なら誰でも知っている「なんじゃこら大福」。

3種類の味のハーモニーをぜひお楽しみください。

きっと「なんじゃこら~!」となるはずです^^