ウエディングドレスはなぜ白が定番なの?気になるその意味とは?

現在では、花嫁さんが着るウエディングドレスは純白であるのが定番ですよね。

しかし、もともと西洋では華やかなカラードレスを着るのが定番でした。

では、なぜウエディングドレスは純白が定番となったのでしょうか?何か意味があるのでしょうか?

今回はウエディングドレスが純白になった意味についてお話します。

スポンサーリンク

ウエディングドレスの定番色が白になった意味

実は、約170年前にイギリス王室のヴィクトリア女王が純白のウエディングドレスを結婚式で着たことが始まりと言われています。

彼女は当時、あまり主流ではなかった「恋愛結婚」をした珍しい女性でした。

夫となったのは彼女の従兄弟にあたるアルバート公でありました。

幸せに胸を膨らませた彼女の結婚式は、当時世間でもかなり注目され、女性たちのあこがれの的になりました。

そして、今までの結婚式とは異なる純白のシルクサテン生地のウエディングドレスを着たことから、純白のウエディングドレスは瞬く間に女性たちの間で人気となりました。

昔は高価なものであったシルクやサテンの生地ですが、次第に手に届く価格に落ち着いたことも、人気に影響しました。

ここから、一般的な結婚式にも花嫁は純白のウエディングドレスを着るという風習が徐々に確立されて、今日に至ると言われています。

結婚式での純白のウエディングドレスに込められた色が持つ意味

結婚式の時に花嫁が純白のウエディングドレスを着る意味として、「夫であるあなたの色に染まりたい」という気持ちが込められているのだそうです。

スポンサーリンク

それについては賛否両論あるかと思いますが、「愛し合う二人が一緒に、二人だけの色を持つ素敵な家庭をこれから作っていく」という素敵な意味合いが含まれているのだと思います。

白色には「清潔感」や「純潔」という意味も込められています。ここからまた新たな人生を歩んでいく節目の日にはぴったりな意味ですよね。

また、白色は日本人のように肌の色が少し黄色い女性にぴったり似合う色でもあります。

一番きれいな姿でいたい日に、ぴったりな色とも言えるのです。

黒色のウエディングドレスがもつ意味

実は有名ウエディングドレスブランドからも結構な点数で黒のウエディングドレスが揃えられています。

一般的な結婚式との差別化をはかりたいカップルや、個性的な結婚式を望むカップルは選ぶ可能性もありますよね。

そこで、黒のウエディングドレスにもきちんと意味が込められています。

「もうあなた以外の色には染まりません」という強い意味が込められているのです。

黒だと否定的な意味を想像しがちですが、一途で強い決意が感じられて、逆にとても好感を持てますよね。

もともと黒は女性の美しさを引き出す色と同時に、どんな女性にも似合う魔法の色でもあるので、美しさを引き出してくれるポテンシャルを秘めています。

真っ黒に抵抗がある場合は、黒をベースに、カラーを混ぜているドレスも沢山あるので、一度見てみるとお気に入りの一着を見つけることが出来るかもしれません。

ウエディングドレスは「純白」というイメージがありますが、是非、黒も候補に入れてみてください。

まとめ

結婚式の写真はいくつになっても見返してしまうほど、一生記憶にも形にも残るものです。

自分史上、最高の瞬間を残したいですよね!

また、今は様々な結婚式の形態があるので、それに合わせた、自分たちらしいドレス選びが出来たら良いですよね♪

色にも込められた意味が多々あるので、これから結婚式の準備をされる方は、少し頭に入れておくと良いかもしれません。

そして、自分の込めたい想いとリンクさせてドレス選びもしてみてくださいね。

スポンサーリンク